茶うがいは風邪やインフルエンザに効果ある?効果的なうがい方法は?

みかんと茶 茶のいろいろ

気温が急に下がり、体温調整が難しいこの時期。
ついうっかり風邪をひくことがありますよね。。

そんなこの時期に毎年あちこちで耳に(目に)する「茶うがい」。

果たして効果があるのでしょうか。

筆者も茶に携わる人間として、茶うがいに関してはずっと行っています。

その効果や効能についてまとめてみたいと思います。

お茶のカテキン類について

茶の葉の柵状組織にはカテキン類が含まれています。
そして葉の表皮には酸化酵素であるポリフェノールオキシダーゼが含まれています。

ポリフェノールオキシダーゼ
参考:図解茶生産の最新技術‐製造編‐

葉の表皮にあるポリフェノールオキシダーゼと柵状組織にあるカテキン類が結合することにより様々な変化が起こります。

⇒ポリフェノールオキシダーゼを熱で失活させてから作られるのが緑茶。

⇒一部結合しているものが半発酵茶と言われる烏龍茶類。


⇒ポリフェノールオキシダーゼとカテキン類の結合の効果を最大限使用したものが紅茶。

つまり、緑茶、烏龍茶、紅茶すべてにおいて、カテキン類が含まれており、酸化酵素との結びつきの強弱によって茶の種類が変わってきます。

緑茶に含まれるカテキン。
カテキン類がポリフェノールオキシダーゼによって変化した「烏龍茶ポリフェノール」。
同様に紅茶に含まれるカテキン類が変化した「テアフラビン」、「テアルビジン」。

これらのポリフェノール類には抗菌、抗ウイルス効果があります。
日本では昔から「緑茶の茶殻を畳に撒いてから掃き掃除をすると綺麗になる」や「緑茶でうがいをすると風邪をひかない」という《おばあちゃんの知恵袋》的言い伝えがありますが、これらの言い伝えにはしっかりとした科学的根拠があるのです。

カテキン類に風邪予防効果がある?

体温計

公益法人世界緑茶協会のHPには「茶の効能」として風邪予防効果があると記載されています。
また、日本紅茶協会主催で医学博士による「紅茶のインフルエンザに対する効果」についての講演が行われています。

日本カテキン学会のHPにはカテキンの「抗ウイルス作用」について以下のように記載があります。

ウィルスは特定の細胞に結びついて、その細胞内で増殖する。
ウィルスには突起(スパイク)があり、その先には細胞と結びつくための結合部(ジョイント)がある。
カテキン類は突起(スパイク)の結合部(ジョイント)を塞ぐことにより、細胞との結合を防ぎ、増殖しないようにする。
インフルエンザウィルスの場合、突起(スパイク)にはそれぞれの型を表す記号が付いているが、カテキン類は結合部(ジョイント)を塞ぐため、どの型に対しても効果がある。

通常ワクチン予防は抗体を体内に入れて、特定の型を持つウィルスを捕まえることになるため、1つの型にしか効果がありません。

インフルエンザウィルスの場合は毎年「香港A型」「香港B型」のように変わるため、流行の前に予防接種をしたとしても、《型が違って効果がない=予防接種をしたのにインフルエンザにかかった》ということがあり得ます。

しかし、茶のカテキン類はどの型にも対応できるそうですので、風邪だけではなくインフルエンザウィルスにも有効ということが分かっているのです。

効果的な