【後編】近未来の「ミルクティ」は植物性ミルクを使用?牛乳以外のミルクティ(代用ミルク)を飲み比べてみた!

植物性ミルク飲み比べ 実験


前編はこちら

牛乳から次第にシェアを伸ばしている植物性ミルク。

どの植物性ミルクの中でミルクティに合うのはどれだ実験を行っています。
今回は後編。

前編で植物性ミルク5種類の説明と感想を書きましたので、今度は実際にミルクティにした際の感想などをまとめていきたいと思います。

ミルクティについての説明

今回ミルクティには「アッサムCTC」を使用しました。

同じ条件で作った紅茶に同じ量のミルクを入れて、正しく鑑定を行います。
同じ条件というのは鑑定の必須事項です。
▼参照記事:茶の鑑定(テイスティング)をする際の道具、鑑定の必要性について
▼参照記事:紅茶鑑定に必携!おススメ道具、テイスティングカップの使い方

■アッサムCTC:20g
■熱湯:1ℓ

3分抽出しました。

それを同じ形状のカップにおよそティーカップ1杯分の150mlを入れます。

その状態でミルクをそれぞれ30㏄ずつ後入れしました。
植物性ミルク一覧植物性ミルク飲み比べ
上から見ると色の違いがよく分かります。

比べてみてどうだった?

1、ライスミルク

「粉っぽい」
「ざらつきがある」
「餅っぽさはなくなった」

印象でした。

ですが、この5種類の中で一番アッサムの苦渋みを引き立たせてしまいました。
なぜかは分かりませんが…。

2、ヘンプミルク

癖が強いのでもしかしたらアッサムに負けないような味わいに化けるかと若干の期待を持ちつつ…。

…案の定、無理でした…。

「紅茶の味より麻紐感が前に出てくる」
「えぐい」

という印象。。

コクはあるんだ。
あるんだけど、そっちじゃないという方向に味わい深くなってしまいました…。(察して…)

3、オーツミルク

「ミルクを入れてもさっぱり」
「飲みやすいがコクはない」

オーツミルク自体が飲みやすかったので、紅茶に入れると紅茶の苦渋みに負けてしまうかと思いましたが案外バランスよくまとまりました。

麦っぽさもなくなり、飲みやすいです。

4、アーモンドミルク

「ほのかなアーモンド」
「飲みやすいが後味が若干べたつく」

という感じ。

杏仁豆腐感は少し和らぎますが、少し残っています。

思ったよりは飲みやすく、ただ後味のべたつきはちょっとネガティブな要素かも知れません。

5、無調整豆乳

「ミルクだけだとものすごく感じた豆感がない」
「さっぱりしていて飲みやすい」

今回相方と一緒に鑑定していたのですが、相方はあの豆感の強い豆乳がこんなに化けるとは…と一番驚いていました。

筆者も紅茶教室のミルクティの回ではこうしてミルクの飲み比べをした後にミルクティの飲み比べを行うのですが、無調整豆乳は多くの方が驚きます。

これからは豆乳ミ