茶殻どうしてる?捨てる?再活用?伊藤園の茶殻リサイクルシステムから考える

茶のいろいろ

  1. Home
  2. /
  3. 茶のいろいろ
  4. /
  5. 茶殻どうしてる?捨てる?再活用?伊藤園の茶殻リサイクルシステムから考える





お茶を日常的に飲む人たちは皆様感じているとは思いますが、過剰に生ごみを排出しがちじゃありませんか?

■気づくと三角コーナーに茶殻しか入っていない
■可燃ごみの袋の大半は茶殻だ

そう、あなたのことです。(そして筆者のことです)

当然のことながら、お茶を飲めば茶殻が出ます。
ティーバッグも生分解性素材のものだとすれば、ティーバッグごと生ごみです。
▼参照記事:ティーバッグってどこでどうやって生まれたの?素材はどんなもの?ティーバッグについての色々

どうしても発生してしまう茶殻問題。

家庭での茶殻の活用方法や、企業の努力についてもまとめてみたいと思います。

一般家庭どころか大企業も茶殻処理に苦労してる?

先日ニュースになっていましたが、伊藤園が茶殻を活用して、抗菌対策自販機を設置するとのことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

伊藤園は、株式会社ワンウィルとサンロック工業株式会社と共同開発した製品「茶殻配合シート」を活用した「茶殻抗菌シール」を、自動販売機での購入時に手が触れる部分に貼付した、抗菌対策自動販売機を6月より順次展開する。衛生面への配慮が求められる病院や介護施設などから先行し、全国30,000台を目標に展開する。

茶殻抗菌シールは、独自の技術「茶殻リサイクルシステム」により開発され、カテキンなど緑茶成分由来の抗菌効果がある。同社によれば、茶殻配合シートは、大腸菌、MRSA、サルモネラ菌、白癬菌を用いて抗菌力評価試験を行ったところ、抗菌効果が認められたという。

▼引用:“茶殻”を活用した抗菌対策自販機、伊藤園が3万台展開へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この記事を読んでいて、伊藤園で働いている知人から手紙が届いた際に、茶殻入り封筒だったことを思いだしました。
それもかれこれ5年ほど前の話ですが、伊藤園のHPを見ると2000年から独自の「茶殻リサイクルシステム」を開発されているそうです。
そしていくつもの賞を受賞さ