ティーソーダって?作り方とティーソーダ作りにオススメグッズ。




ティーソーダって自分で作れるんですよ。

名前を聞くことも多くなったのは、ペットボトルなどで販売されるようになったからでしょうか。

茶+ソーダですので、作るのは簡単。

でも、どうやって作るのかわからない!
そんな方に今回は簡単なティーソーダの作り方とソーダを使う時に筆者オススメのグッズをご紹介したいと思います。(^^)/

 

ティーソーダの作り方

 

メジャーな作り方はこの二つ。

1、濃い茶をソーダで割る
2、ソーダに茶を漬けこんで抽出

 

1、濃い茶をソーダで割る

 
これが一番簡単なティーソーダの作り方かと思います。

通常のお茶より濃いお茶を淹れて、それをソーダで割ります。
※通常淹れるお茶の湯量を変えず、葉を二倍程度にするイメージです。

濃い紅茶を淹れた場合、ゆっくり冷めるとクリームダウンという白く濁る現象が起こることが多いです。
中国茶、台湾茶や日本茶にはあまり見られないです。

 

筆者はティーソーダを作るのは紅茶が圧倒的に多いので、クリアで綺麗なティーソーダを作るポイントを。

①濃い紅茶を作って、耐熱容器に移す
②砂糖を加えて、攪拌して溶かす
③耐熱容器より一回り大きい容器を氷水で満たし、攪拌しながら熱を冷ます

砂糖を加えると、クリームダウンが起こりにくいです。
その上で急冷をして、白濁するのを防ぎます。

 

 

2、ソーダに茶を漬けこんで抽出

 
これも簡単です。
実際の作り方はこちらの記事をどうぞ。

①ペットボトルの炭酸(500ml程度)を買ってきて、三分の一ほど炭酸を出します。
②ペットボトルにそのまま茶葉を入れる
 ※吹きこぼれそうになるので少しずつ入れてください!
③蓋を閉めて、冷蔵庫で一晩

これは炭酸で味を抽出する方法です。

お茶を抽出するのには、「水出し」という方法があります。
ソーダで抽出するのは水出しの応用編です。

これも紅茶の方がオススメです。
できれば、葉が大きいものが良いです。
BOPやFというような細かいサイズの紅茶は、熱湯で抽出する方が美味しいと思います。個人的には。

台湾茶の東方美人も美味しいです。
台湾茶や中国茶の場合、コロコロと丸まった形状のお茶の場合は水出しやソーダ出しだと味が出にくいです。

緑茶は…なんというか、旨味がギュッとしたソーダになるので、個人的にはあまり・・・。
気になる方は是非お試しください。
 
 

自宅でティーソーダを作るときにオススメのものたち

 

 

自宅でソーダを作れる機械がいくつか販売されています。
これは本当にオススメ。
夏には是非ほしいところです。
ガスを追加で購入する必要はありますが、家でハイボールを飲んだり、ティーソーダを作ったりも思いのままなんですよ。素敵。

実は筆者はまだ購入しておりません…。

人の家のパーティに呼ばれた際にこの機械の便利さを思い知らされて、「いつか買う」リストには常に上位に入っています。

 

 

で。

筆者が愛用しているのがこちら。

 

これは、炭酸が抜けないようにするキャップです。
ペットボトルのソーダを買ってきても、すぐに炭酸が抜けてしまいますよね。

これはペットボトルのキャップ代わりにこの蓋をして、上の部分をプシュプシュと押すと、ペットボトル内に空気が入り炭酸が抜けにくくなります。

これは1.5ℓのペットボトルですが、一週間は持ちます。

いえ、炭酸は抜けますよ。
抜けるのは致し方ないのですが、絶対的に抜ける速度が落ちます!

冷蔵庫でペットボトルを横にしても漏れません。

筆者数年愛用している商品です。
ティーソーダを作るときには必須のアイテムなのです。

ソーダで抽出する場合はあまり量を作れないので、500mlのペットボトルをいくつかに分けて、ソーダフレッシュで栓をして冷蔵庫に入れてあります。

価格も安いので非常に重宝しています。
数えたら6個ありました。

ぜひティーソーダをお試しくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください