【世界の茶事情】紅茶大産地ケニアの茶価格は下落、一方小さな茶園は増加の兆し


大寒となり、まだまだ寒い日は続きますね。

そろそろ寒茶を作りに行こうかなと考えているところです。

さて、タイトルの件ですが先日対局にあると感じられる記事が二つありました。

一つは紅茶の大産地であるケニアでは3年連続紅茶の価格が下がっているというもの。
もう一つはイギリスで小さな茶園を作っていることについて。

最近日本でも見かける気がしているこれらの内容について考察してみたいと思います。



ケニアの紅茶の価格が3年続けて下落

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【記事概要】
Kenya Tea Development Agency (KTDA)は2021年1月18日、3年連続でケニアの紅茶価格が下落していることを明らかにした。

2019年と2020年の同時期を比較して、小規模茶生産者の収穫した生葉は0.7%少なくなっている。
また、モンバサティーオークションの同時期の2019年と2020年を比較すると価格は14%減少とのこと。

ケニアでは長年茶の作付面積を急速に増やしていたため、生産過剰になっていることと世界的な茶の供給過剰が重なったのではないかと見られている。

新法によって価格が安定することが望まれている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらは先日も記事にしましたが、新しい茶法が制定されてケニア茶の価格や小規模茶農家の待遇が改善していくのではないかというニュースと関連があるようです。
▼参照記事:【続】ケニアの茶産業について‐茶法改定とTea Board of Kenya (TBK)とTea Research Foundation (TRF)の再設立‐

細かいところは筆者もまだまだ勉強不足で理解しきれていないものの、Kenya Tea Development Agency (KTDA)の従来体制に恐らく問題があり、ケニア茶が低迷しているところを改革していく途中であるのだろうと考えています。

新法はケニア政府に承認されており、今年の生産から適用になるものと思います。

今年からのケニア茶全体がどうなっていくのかを今後も追っていきます。
▼参考記事:Kenya’s tea prices fall for 3 consecutive years amid global glut

イギリス ジャージー島での茶生産

イギリスのジャージー島で茶を栽培している方の記事を見ました。

ジャージー島って…?
となったので調べてみるとこちら↓

イギリス本土よりは下の方ですが、緯度およそ50度。
これを日本に当てはめてみると…。
あてはまりませんでした。(-_-;)

ほぼ同緯度だと樺太の真ん中より下くらいです。

日本の場合は北海道でも一部茶を育てているところがありますが、経済的北限としては従来と変わらず新潟茨城を繋ぐ線上あたりであろうかと思います。
▼参照記事:日本最北の茶木は北海道にあった。ー北海道古平市へー

ジャージー島はイギリス王室の属領であるそうです。
また、有名なジャージー牛はここで生まれているとか。
ジャージー牛のミルクや乳製品(クロテッドクリームなど)は乳脂肪が多く、とてもおいしいです!!

イギリス本土で茶を育てていると言えば、お茶好きな方は皆さんご存じかと思いますが「Tregothnan Estate(トレゴスナンエステート)」。

2005年に初のイギリス国産紅茶を販売して話題になりました。
※このあたりはまたまとめてみたいと思います。

今回の記事のJersey Fine Teaは2017年から栽培をスタートし、昨年からようやく茶を生産したとのことです。

現在は6エーカー(およそ2.4ha)をすべて種子から栽培し、これからまだ増やす予定。
現在白茶、緑茶、紅茶を販売中。

2018年の植え付け直後に冬の寒さで苗がずいぶんやられてしまったようですが、今シーズンは製茶機械も届きいよいよ本格始動とのこと。
■詳細はこちら→JerseyFineTea.com.



ケニアとイギリスの茶生産から見えること

紅茶の大産地として突き進んできたインド、スリランカ、ケニアが少しずつ茶生産者が離れて行っているという話を時折耳にします。

現在は世界的にみると茶生産が以下のようになっているのではないかと感じます。

1,1800年代から始まった「ティーエステート」型の大規模茶園経営の後退
2,資本のある小規模茶生産者の独立
3,今まで産地ではなかった場所での茶園増加
4,「安価で大量」から「高級(プレミアム)で少量」な茶の製造
5,茶種のバリエーションの増加

現在はインターネットで世界中の情報が手に入り、また世界中のレアなお茶も手に入るようになりました。
中国の山奥とかは無理そうですが…

翻って見ると、日本も戦後から少し前までは共同工場で大量に安価なお茶を作ってきていましたが、今は小ロットでプレミアムなお茶が求められている傾向にあるかと思います。

対して「安価で大量」な茶はペットボトル飲料の原料として使用されており、両翼を担っているようにも見えます。

世界的にみても「安価で大量」と「高級(プレミアム)で少量」に分かれていっているのではないかと。

今はクラウドファンディングで寄付を募ることができ、インターネットで世界中に販売することさえできます。

世界的に茶生産を眺めてみると茶の栽培や販売も知能戦になっているように見えるのは筆者だけでしょうか。

また、茶種も生産地に関わらず作られるようになっていることを痛感します。

インド=紅茶だけではなく、緑茶や烏龍茶も作っているところがあります。
世界的に様々な茶種を試行錯誤している状況です。

今後緑茶や烏龍茶、紅茶という枠を超え、その土地に合った新しい茶種も生まれていくのかもしれません。

短い目で見ると、日本も含めて茶業は頭打ちだと言われますが若い芽はぐんぐんと力をつけて伸びて行っています。

今後も長い目でみていきたいと思います。

結び


個人的にはJersey Fine Teaに興味津々です。

6エーカーを種から全部育てていると考えるだけでものすごい熱意だと思います。

種がどこから来た品種なのかも非常に気になっております…。

また、一年目の冬に幼苗がやられてしまったというところは胸が痛いです…。

筆者たちも今年苗の植え付けなので、あの大切な子供たちが今年の冬に枯れてしまうと思うだけで涙が出るほど…。(´;ω;`)

ジャージー島の平均気温を調べたところ、年間平均11.8℃だそうです。
日本の茶栽培に適した気温より若干低いですが頑張ってほしいと願います。
そしてお友達になりたい。。

茶を育てるのは本当に大変です。
茶農家は本当にすごいんです。

作られたお茶も購入してみたい気持ちでいっぱいです。
どなたかシェアしませんか?!←本気

筆者も3月くらいからは本気出して畑仕事をしていくことになります。

まずは美味しい茶を作るところからですが、将来的にどうしたいのか、どうなりたいのか、何をしたいのか模索中でもあります。

目の前のことを着実に行っていけばきっと明るい未来があると信じて頑張ります。

どうぞ長い目で応援していただければ幸いです。



茶を育てるー挿し穂から挿し木編⑤ー






2021年が始まりすでに一週間が経とうとしています。

まさに今日緊急事態宣言が発出される予定です。

数か月すれば畑仕事が始まります。
丸一年自宅で育てていた挿し木もいよいよ新規の畑に植えられる日が近づいてきました。

前回4回目の記事を書いたのが2020年6月ということでしばらくさぼっていたようです。(-_-;)

まだ自宅待機中の挿し木がどうなっているのか見てやってください。

あれから半年…


冬に入ると茶畑もそうなのですが、葉の緑色がくすんでしまいます。

寒さに耐えるためなのでしょうか。
固く、色もくすんで黒っぽく見えます。


葉が虫にやられたためか落ちてしまい、必死に生きようと葉を出している姿…。

頑張れ、頑張れ…!


こちらもおそらく虫害によって変色している葉が多いです。

落ちないでくれると良いのですが…。

まだもう少しステイホームです。



結び

冬の間は先日書きましたが、
■脇の木の伐採。(ヤブニッケイで遊ぶ)
▼参照記事:茶畑の二次活用を考える④ーヤブニッケイを使ってシナモンティを作ってみるー
■機材倉庫の掃除。
■茶刈機のメンテナンス。
などを行っていました。

3月に植え付ける時の記録用に今のあまり綺麗ではない写真も残しておくことにします。

春夏秋とかなり大きくなった挿し木たちですが、残念ながら枯れてしまったものもあります。

少し買い足しをして、3月に植え付け予定ですがこの状態ですとお手伝いの方も募集できそうにないですし我々二人でやることになりそうです。
なかなかハード…。

挿し木たちにとっては人生がかかっている引越しですから、我々もしっかり見守ってあげたいところです。



茶畑の二次活用を考える④ーヤブニッケイを使ってシナモンティを作ってみるー






先日、畑の脇にある木を倒してきたのですが(防霜ファンにかかってしまうため)、ヤブニッケイを見つけました。

調べて見るとヤブニッケイは日本原種のシナモンということですので、「これでシナモンティとか作れるのか?」と興味津々。

確かにシナモンの良い香りがします。

茶畑の副産物?として遊んでみました。

ヤブニッケイとは?

ヤブニッケイはクスノキ科ニッケイ属の高木で、本州(福島県以西)から四国九州沖縄に生息。

英名はワイルドシナモン。(カッコイイ)

ニッケイ(肉桂)に似て芳香はあるものの、香りが弱いため「つまらないもの」の意味で「ヤブ」が付いたとか、藪の中で育つので「ヤブニッケイ」だとか諸説あるようです。


伐採されたヤブニッケイ。

ヤブニッケイの精油を販売されているところがありました。
▼参照:和ハーブ、ヤブニッケイが秘めるパワー

葉から水蒸気蒸留法で精油を抽出するそうです。


葉っぱをちぎってみると確かに仄かなシナモンの香り。

ヤブニッケイ、葉っぱの形が独特なんですよね。
太い葉脈が縦に3本走ってます。

どうやって遊ぶ?

これらをどうしたら活用できるかと考えていたのですが、通常シナモンは樹皮を乾燥させたものだったはず…。
セイロンシナモンもそうやって作っていたはず…。

できれば、チャイなどに使えるようなシナモンを自作出来たらとても嬉しいなぁ(畑にあるし)と企んで剥いてみることに。

この枝の部分が一番香りが高いので期待大。


ピーラーで樹皮を薄く剥いていきました。
もう少し白い部分が入った方がもしかしたら香るのか???

どこに一番香り成分が多く含まれているのかが不明なので、ひとまずピーラーが剥ける程度に剥いてみました。

ここは分からぬままです。。


数枚の葉とともに、樹皮をザルに乗せて数日間日干し乾燥させました。



ヤブニッケイでシナモンティを


香りがより出やすいように砕いて抽出する時に入れてみました。


淹れたての紅茶からはしっかりとシナモンの香り…!!!
これはテンション上がります!!!

口に含んでみると…ん?あれ???

香りほどシナモンの味わいはない。
そして少しえぐみがある…。

確かにカップに鼻を付けた時の香りはシナモンでしたが、口中に含んだ時のシナモンの甘味や鼻から戻る香りは無く、少し青えぐみを感じました。

もう少し乾燥した方が良いのか、そもそもそういう問題ではないのか…。
毎回正解が分からないままの実験です。(笑)

念のため乾燥させた葉っぱにも熱湯を注いでみます。


香りはするんだ、確かに…。
残念ながらただの青っぽいお湯でした。。

また、乾燥させただけの段階のヤブニッケイの樹皮にもお湯を注いでみました。


ゴボウジャナイヨ…。

シナモンの香りはしますが、それよりも何かの漢方薬のような独特な味わい。

うん、なんか体に良さそう。←

もう少し乾燥させてチャイでも作ってみようかと思いますが、青えぐいチャイは飲みたくないので少々悩んでおります。。

結び

誰得な遊びを日々行っておりますが、いつかこうした遊びが形になり、何か新しいものを生み出すかも知れません。

…という野望だけは抱いております。

まぁ、その前にただ単純に面白い、楽しいだけなんですが。(笑)

ちなみに、シナモンは大きく分けて二つあります。

セイロンシナモンとカシア。

紅茶にはセイロンシナモンの方がお勧めですが、カレーを作る時はカシアの方が好みです。


カシアの方が樹皮がしっかりとしていて、香りも独特。
甘味というよりは少々スパイシーなのでインドカレーなどでも使用していますよね。

シナモンについてはまたアレンジ素材として記事を書いてみようと思います。

シナモンの香り、本当に癒されますよねぇ。
女子大好きですよねぇ。

ひとまず畑に育っているヤブニッケイはシナモンの代用にはなりそうにありませんが、新しいことが知れたのでよしとします。

結構乾燥させた樹皮をどうしようかと考えていたのですが、枕もとに置いて癒されながら眠ることにしました。。



アレンジティ素材③ー生ベルガモットで作るフレッシュアールグレイ2ー







生ベルガモットをいただいたので様々なアールグレイを作ってみました。
▼参照記事:アレンジティ素材③ー生ベルガモットで作るフレッシュアールグレイー

新年一発目だというのに(汗)上記記事の続きとなります。

1、【続】ホットティで楽しむアールグレイ

■パターン3

【材料】

キームン 4g
熱湯 300㏄
冷凍ベルガモットピール 2枚

【所感】

生ベルガモットのピールを急速冷凍してみたものを使用しました。

冷凍ピールは熱湯を注ぐ前に手で細かくちぎって入れています。
冷凍をしてしまうと香りが無くなる(もしくは変わる)かと思いましたが思ったより変化なく、フレッシュな状態で飲むことが出来ました。

長期保存を考えた場合に冷凍が良いのか、乾燥が良いのかは今後もう少し様子を見てみようと思います。

2、アールグレイアイスティアレンジ

【材料】

キームン 4g
熱湯 150㏄
生ベルガモットピール 2枚

<ベルガモットシロップ>
生ベルガモット果汁 50㏄
砂糖 40g




【所感】

生ベルガモットの果汁だけを使って何か…と思ったのですが(ピールばかりを使用してしまうため)レモンのような強烈な酸味があるため、致し方なく砂糖を投入してシロップに。

果汁にはベルガモットの香りは感じません。(ゼロではないのかも知れませんが感知できず)

また、今回水色が少々弱め…。(湯量が少々多かったのは内緒…)

アイスティにする場合はキャンディやディンブラのような水色が紅い、濃い茶葉を使用した方がより良いかも知れません。
しっかり二層になりませんでした…。
アイスティについては以下の記事を参照ください。
▼参照記事:元お茶カフェ店主のアイスティ!自宅で簡単に作れる方法!

シロップの酸味が結構強いので、アールグレイ自身にも甘味を付けた方が飲みやすくなるかも?

その上でソーダを注げばより良いかも??

結び

ひとまずざっとですが、すぐに考えられる方法で生ベルガモットを利用してみました。

ベルガモットという果実でなければ、こんなに長い間アールグレイという存在が世界中の人に愛されることはなかったかもしれない、と思うばかりです。

今回はいただきもので少量でしたので、これで実験はすべて終わってしまいましたがどこかで教室などを行う際にはまた改めて購入してみたいと思います。

ベルガモットに関して言えば毒性は低いと言われていますが、精油は基本的に経口摂取をしてはいけないものです。
▼参考:https://www.aromakankyo.or.jp/

ですが、個人的な実験でベルガモットの精油を紅茶に垂らしてオリジナルのアールグレイを何度か作ってみたことがあります。(希釈したり色々と)

もし自身がカフェをまだやっていたなら、ベルガモットが手に入る時期だけの「限定アールグレイ」を出しても良いなぁと妄想をしていました。

店時代もこうしてあれこれ実験している時間が一番楽しかったことを思い出します。

久しぶりに少しではありましたが素材で遊ぶことが出来て良い時間が楽しめました。

2021年も「茶で遊ぶ」を日々継続していきたいと思います。
更新が亀の歩みですが(汗)どうぞよろしくお願い致します。



アレンジティ素材③ー生ベルガモットで作るフレッシュアールグレイー







先日、国内で作られている生ベルガモットをいただきました。

ベルガモットと言えば紅茶好きで知らない方はいないと思われます。

ベルガモットについてはアールグレイの記事のところで書いておりますのでよろしければご覧ください。
▼参照記事:紅茶の選び方①-アールグレイなどのフレーバードティについて-

生ベルガモットは最近流通していますが購入したことがなかったので色々なバージョンのアールグレイを楽しんでみました。

1、ホットティで楽しむアールグレイ

■パターン1

【材料】

キームン 4g
熱湯 300㏄
生ベルガモットピール 2枚

【所感】

ピールの白い部分はできるだけ省いてピール部分だけにしました。

温めたティポットに入れただけで立ち上る香りの強さ!!
湯を注いだだけで感じるアールグレイ感!!!

オレンジやレモンでも同じようにピールを入れて飲みますが、ここまで強烈な香りは感じません。

とにかく、香り強いです!

家にあったキームンが割とクオリティの高いもの(中の上くらい←)だったので、むしろ冷めた時は紅茶よりもベルガモットのえぐみが残るくらいでした。

たったのピール2枚で!!!

ピールを取った状態の果肉をカップに浮かべて飲んだところ、かなり渋みとえぐみが強く残ったため、ピールのみをお勧めします。

■パターン2






【材料】

キームン 4g
熱湯 300㏄
乾燥ベルガモットピール 2枚

【所感】

こちらは自然乾燥(3日ほど)させたピールをポットに入れて飲みました。

上記のピールをそのまま入れた場合は香りの立ちがやはり良くなく、以下の写真のように手でちぎって加えたところ、フレッシュに近い香りを得ることが出来ました。

乾燥させたのにこれだけ香りが立つとは…!

世界中に紅茶ファンを作っただけの存在だと感じます。

2、ティーソーダで楽しむアールグレイ

【材料】

キームン 4g
無糖炭酸 400㏄
生ベルガモットピール 2枚

【所感】

こちらは無糖炭酸に茶葉とピールを一緒に入れて一晩冷蔵庫抽出。





ティーソーダの作り方は以下の記事を参考にしてください。
▼参照記事:ティーソーダって?作り方とティーソーダ作りにオススメグッズ。
▼参照記事:自宅で簡単ティーソーダの作り方!炭酸抽出方法をご紹介!

入れるときにピールを少し潰して入れました。

炭酸(水)抽出の場合は香りが立たないのではないかと思いましたが、筆者はいくつか試した中では実はこれが一番おススメかも知れません。

暑い夏にウェルカムティとして出てきたら最高です!!!
少し甘味を加えてみても良いと思います。

少々紅茶の味が薄く感じられたため、より茶葉の細かいディンブラでも試してみたところ紅茶の味とベルガモットの香りのバランスが良くなったように思います。
※茶葉はお好みです。

結び

今回はホットティとティーソーダで試してみました。
他にも違うアレンジの仕込み中です。

とにかく、香りの強さに圧倒されました。

他のどの柑橘系フルーツにもない、強烈な香りが長く続きます。

グレイ伯爵が魅了された訳がよく分かります。
ロンドンが硬水だったとしてもこれなら良い香りが続くことでしょう。

ただ単純にベルガモットで遊んでいますが、昔尊敬するパティシエに「素材を知り尽くすことが美味しいものを作ることに繋がる」と言われたことを思い出します。

多くの先人が同じことを言っていますが、店をやっている時にもこの言葉を常に思い出していました。

茶は料理と同様、素材自体の味や香り、その素材がどのように作られているのかを知ることが美味しいお茶を抽出することに繋がります。

茶そのものだけではなく、水や抽出する道具(茶器)を知ることも必要であるかと思います。

こうして「生ベルガモット」を知ることができたので、改めてアールグレイの歴史や着香についても学び直したいと思っているところです。

出来ればベルガモットを育ててみたい…と思ったら普通に売ってました。


柑橘系はどれくらいで実がなるのでしょうか…。

茶も5年ほどかかるし、間に合うかなぁ…。

茶については学んでも学んでも足りない…と日々思っています。

茶を知れば知るほど果てしない沼にはまっていくのでした…。
とはいえ、それもまた愉しみ。

どのみち来年も茶漬けですので、残り僅かな2020年もたっぷり茶に浸かりたいと思います。