旅の思い出2019年5月‐京都府茶業研究所②(製茶機械)‐

宇治茶新茶祭り 茶にまつわる旅


もう8月となってしまいましたが、5月の旅を振り返りたいと思います。(いまさら感が酷い…)

先日ご紹介した<旅の思い出2019年5月‐京都府茶業研究所①(玉露の本ず栽培)‐>の続きとなります。

さらに昨日アップしたインド紅茶局の方が作った小さい製茶機械の記事も合わせてご覧いただけると幸いです。
▼参照記事:小ロットで製茶ができる機械セット~インド紅茶局スタッフが作った小さな製茶機械セット~
▼参照記事:狭山茶と製茶機械発明家 高林謙三展(令和元年7/27~8/4)

蒸し製煎茶の作り方

宇治新茶 八十八夜茶摘みの集いに伴う京都府茶業研究所の見学には、蒸し製緑茶の製茶機械の説明がありました。

写真多め、説明少な目(?!)で製茶機械のご紹介をしていきたいと思います。

日本で主流の<蒸し製緑茶>は生葉を収穫して、すぐに酸化酵素を熱で壊し、そこから揉んで、形を整えて作られます。

工程としてはざっくり以下となります。

<摘採(茶葉を摘む)>

<蒸熱(茶葉を蒸して急冷)>

<葉打ち、粗揉(水分を切りながら、軽く揉む)>


<揉捻(水分を均一にするため揉む)>

<中揉(ほぐしたり、軽く揉んだり整えたり)>

<精揉(形を整えながら、乾燥を進める)>

<乾燥(茶葉の水分含有量を5%くらいまで乾かす)>

ざっくりが過ぎますが、このような流れです。

製茶工場見学(京都府茶業研究所)

では、製茶の機械を見ていきましょう。

蒸し機前

蒸し機説明

こちらが蒸し機です。
<蒸熱(じょうねつ)>の工程に当たります。

生葉を入れ、高温の蒸気に当てて葉の中の酸化酵素を一網打尽にします。

その後蒸れないようにすぐに冷却して次の行程へ。

揉捻機

揉捻機
なぜかどうしても縦になってくれません…。

<粗揉機>は(大人の事情で)飛ばして、<揉捻機>です。
こちらでは茶葉に圧は加えますが、熱は加えません。
茶葉全体の水分を均一にする目的があります。

35Kですので、かなり小さいです。

メーカーによっても違うのかも知れませんが、