【実験】自家製紅茶で化粧水を作ってみた

紅茶で化粧水 実験


今年は訳あって茶畑をひとつ返還することになり、その諸々の作業で大忙しの晩夏~秋でした。

訳あるためこちらにも細かくは書きませんが、相方が借りている中で一番面積が大きな畑でしたので少々寂しい気持ちでもありますが、新規茶園があるのでそちらに注力していきたいと思っています。

ということでブログはネタが溜まっているものの、書けていないという毎回恒例の言い訳です。

今回は自家製紅茶を使用して化粧水を作ってみたというお話です。

自家製紅茶を使って化粧水作り???

突然女子っぽいことにチャレンジしてみます。

というのも、香り関連に興味を持ちだしてからアロマの勉強をすることが増え、これがまた茶畑の二次活用などに役に立たたないかと考えています。

すでに多くの方が行っていることもありますが、やってみないと気が済まないタイプのため可能なことは自分で試してみています。
▼参照:茶畑の二次活用を考える‐茶杓(もどき)を作ってみる‐
▼参照:茶畑の二次活用を考える②‐0円でリースを作ってみた‐
▼参照:茶畑の二次活用を考える③ー茶の花で遊ぶー
▼参照:茶畑の二次活用を考える④ーヤブニッケイを使ってシナモンティを作ってみるー
▼参照:茶畑の二次活用を考える⑤ー葉脈標本(スケルトンリーフ)を作ってみるー

ということで、今年の春に作った(美味しくない)自家製紅茶が残ってしまった時の再活用を考えていました。

アイデアはこちらの本から拝借。


以前一度お会いすることがあった先生が書いており、アロマ初心者でも分かりやすいので重宝しています。
「日本一売れているアロマテラピーの本」と帯に書かれているのもポイントっすな。

こちらの中に緑茶ティンクチャー(チンキ)の作り方が書かれており、それを使用して化粧水、乳液、クリーム等に使うことが出来るとか。

ほうほう。

緑茶ができるなら、紅茶でもできるだろうということでレッツトライ!

自家製紅茶でティンクチャー(チンキ)を作る

それよりなによりティンクチャー(チンキ)ってなによ?

一番のおすすめは、ハーブチンキ。チンキはハーブをアルコール(ウォッカ、ホワイトリカーなど)に漬けて成分を抽出したもので、チンキ剤、ティンクチャー(tincture) とも呼ばれます。アルコールに漬けることで、お湯では抽出されないハーブの有効成分を効率よく引き出すことができ、長期保存できるのもメリットです。

チンキの用途は幅広く、原液を使った除菌スプレーは、テーブルなどの拭き掃除に。 アルコール濃度10%程度に水で希釈すれば、エアフレッシュナーや虫よけスプレーに。さらに1%以下に希釈したものは、有機栽培用の殺虫・殺菌剤に。また、アルコールとハーブのみで作っているので、マウスウォッシュやう