水と茶との関係。ウォーターサーバーの水はお茶も美味しく淹れられる?

茶にまつわるもの

  1. Home
  2. /
  3. 茶にまつわるもの
  4. /
  5. 水と茶との関係。ウォーターサーバーの水はお茶も美味しく淹れられる?





茶と水の相性、というのはお茶を淹れる人からすると永遠のテーマです。

筆者は一番初めに紅茶を好きになって、今は雑食(日本茶、中国茶、台湾茶など)です。

どの種類にせよ、茶の味を抽出するための大部分は水である訳ですから、茶に嵌まる人ほど水にも詳しいことが多いです。

かなり茶が好き、という人に会ったら聞いてみてください。
ほぼ確実に「水の成分が~」とか言い出します。(筆者はとりあえずそうです。。)

茶と水の関係

例えば日本国内で作られた緑茶は、

静岡で作られたものは静岡の水。
鹿児島で作られたものは鹿児島の水。
京都で作られたものは京都の水。

と、産地の水が一番相性が良いです。

生産者は作ったお茶をその土地の水で試飲します。
自分のところの水で一番美味しく抽出できる茶を作るわけです。

抽出するお茶の味は、硬度(ミネラル含有量)やミネラルのバランスが大きく関わってきます。
硬度についてはまた改めて記事を書きたいと思いますので、今回は簡単に説明します。

多くの方は日本は軟水だと知っています。
イギリスは硬水だ、というのも聞いたことがあると思います。

硬度というのは水の中に含まれるミネラル分が多いか少ないか。

つまり、
硬度が高い=ミネラル分が多く含まれる
硬度が低い=ミネラル分があまり含まれていない
ということになります。

とはいえ、実は正確に言うと日本全国どこでも軟水ではありません。
沖縄にはかなり硬度が高い水が出る場所がありますし、本州にも一部硬水のところがあります。

同様に、イギリス全土ではなく、ロンドン周辺はかなりの硬水ですが、北に行くほど(アイルランド方面)硬度は下がっていく傾向にあります。

そのため、その土地で販売する業者、例えばお茶屋などがその土地の水に合うように茶葉をブレンド(合組)しています。

インターネットで茶葉を購入する際に、水の質が違うところの茶を購入すると、自分が住んでいる土地の水に合わないということがあり得ます。
もちろんセレクトしている方やブレンド(合組)を行う方の好みもあります。

店先で飲んだお茶が美味しいから買ってきたけど、家で飲んだらそうでもない、というような場合は実はこういうケースも隠れています。
海外の商品の場合は特にありますね。
筆者は度々経験しています。
水にクセがある場所に住んでいたため。。



では、どこのお茶はどこの水に合うの?