茶畑の二次活用を考える‐茶杓(もどき)を作ってみる‐

茶の藪 茶にまつわるもの

筆者は自己紹介でも書いておりますが、以前お茶カフェを経営しておりました。

そして今は趣味程度に茶畑を借りて、相方とお茶作りをしています。
とはいえ、始めたばかりですので成長の過程を今後一緒に見ていただくような形になると思います。
▼参照記事:茶を育てる‐種から育てる編-
▼参照記事:茶を育てるー種から育てる編②ー
▼参照記事:茶を育てるー種から育てる編③ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編①ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編②ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編③ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編④ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編⑤ー

茶の木を植えて、育てて…となると最低でも5年はかかります。

筆者の相方が10年ほど前から借りている畑は、非常に生産性が高いと言われる「やぶきた」という緑茶用品種を40年前に植えた場所をそのまま借りている状態です。
残念ながら茶の経済年齢も越えています…

小さい茶畑をいくつか借りているのですが平日サラリーマンなもので土日に作業をするしかなく、手が入れられないような畑も出てきています。

そういった畑を茶の収穫が出来ない時期や違った活用方法がないかと考えて、ひとまず思いついたことをやってみています。
恐らく多くの茶農家さんがすでに実践済みなのでしょうが、初心者目線で…。

竹を切って、茶杓でも作ってみようかな

茶杓ってこれです。


茶畑の周りにはたくさんの竹がにょきにょき育っています。

自分が知っている農家さんも春になるとタケノコが採れる(採らざるを得なくなる)と言っている方が多いです。

どういういきさつで竹がこれほどまで増えるのか不明ですが、竹は根が横に伸びるため繁殖力が強く、あちこちからタケノコが顔を出すようです。
静岡のとある農家さんは、昔タケノコを採るために植えたけれど、海外のものに価格競争で負けて放棄されたものだと言っていました。場所にもよると思いますが。

さらなる問題としては、そのタケノコを狙って猪などが土を掘り返してしまうことにあります。

所謂「獣害」と言われるものです。
これは本当に茶農家にとっては大問題…。
機械で刈っている時に穴にはまり込んでしまい、手を切ったりする被害も多くあるそうです。
筆者もよくコケてます。

確かに気づくと茶畑の真ん中に竹がそびえたっていることがあり、ビビります。
雨後の竹の子ってこのこと…?というくらい梅雨明けは酷かったです。

茶杓を以前から作ってみたかったため、細い竹を2,3本切ってきました。