世田谷区某所の戦前からある茶の木を訪ねてー茶と親しむことを子供たちに伝える人たちー

世田谷茶 茶にまつわる旅

新型コロナウイルスのため、茶処へ行くことを阻まれております。

筆者は茶が好きすぎて、とうとう兼業茶農家になっていますが、やはり本来はただの茶好きです。
というか今も変わらずただの茶好きです。

茶を好きすぎるので、人に茶の良さを伝えたいし、こんな誰も見ないようなマニアックな内容の記事を書いています。(備忘録を兼ねて)

とはいえ、以前もどこかに書きましたが茶栽培が難しい土地で長年お茶カフェを営んでいたため、実際に茶(栽培や製造されているところ)との付き合いは他の方より浅いです。

勉強のため、本来であれば新茶の時期もご迷惑をお掛けしないように茶畑や製茶工場に足を運びたいところです。(自分のところはどうすんの???ってなりますが)

まぁ、それは置いておいて。

とある春の日、茶縁で知り合うことができたYさんに都内某所で茶摘みをしないかと誘われました。

都内某所で茶摘み???

世田谷区といえば、お金持ちが住んでいる高級住宅街なイメージです。

「そんなところにお茶の木なんてあるの???」

という思う方は少なくないと思います。

筆者もYさんと知り合うまでそう思っていました。

調べてみると世田谷区には昔茶を育てていたところがいくつかあり、明治期には輸出もされていたそうです。

安政6年(1859年)の横浜開港から、生糸と茶の輸出量が伸び続け、世田谷区などの東京周辺部でも茶を植え、茶作りが行われるようになります。

明治3年には旧代田村(現在の世田谷区代田)で世田谷の製茶業が開始されます。
▼参考:あるじでえ No.43

また、丁度同じくらいの頃に(輸出と関係あるかは不明)は農家の垣根として茶を植えて(茶垣)、1年飲む分がまかなえるくらいの茶を作っていたそうです。

そちらは江戸時代後期から明治にかけて世田谷にあった農村風景を再現している「次大夫堀公園(じだゆうぼりこうえん)」にも見ることができます。(筆者はまだ行ったことがないので今度足を運んでみようと思います。)

ちなみに、以前ご紹介した「茶柱倶楽部」という漫画にも代田の茶のことがちらりと出てきます。
茶柱代田
掲載されている場所はあえて言いません。
是非探してみてくださいね。
▼参照記事:筆者お勧めの本②ー茶柱倶楽部ー
▼参照記事:筆者おススメの本⑤ーグッドバイー

筆者の周辺でも年配者の話では世田谷区同様に茶垣があり、蒸し製緑茶や釜炒り茶などを作っていたと耳にします。

また、筆者のところの茶畑がある辺りの農家の生垣にも茶が使用されているところが多数あります。

これらの話は、ほんの130年ほど前まで当たり前のように生活の中に茶があったのだと感じさせられる内容です。

YさんとOさんと世田谷の茶の関係

筆者の家族を通じて知り合ったYさん。
実はYさん、お茶摘み、お茶作りのベテランだったのです…!

元々は某公立小学校の保護者有志活動で学校に通っていたそうなのですが、学校創立50周年記念に正門前に植えられた茶の木から新芽を摘み、茶を作ってみたりしたのが最初だったそうです。

その後正門の茶の木に興味を持った先生たちも巻き込んで授業の一環に。

2009年から毎年3年生の総合の授業でたくさんの子供たちが茶と親しみ、父母やOさんも招いて作った茶を振る舞うこともあったそうです。

正門のお茶の木だけでは子供たちが摘採するには量が少なすぎることから、近くのOさん宅の生垣にあった茶の芽を摘ませてもらうお願いをし、毎年そこでお茶摘みをすることになったとのこと。

この話は当時「婦人の友」に掲載されたそうです。

トップ画像がそのOさんの茶垣です。
こちらも☟(右側がOさんのお宅)