東京都庭園美術館の「キューガーデン 英国王室が愛した花々」の感想やらあれこれ

英国王室 茶にまつわる旅


はっと気づくと2021年も終わりかけですよ。。

コロナの影響もあって、ステイホーム時間が長いにも関わらず月日はあっという間に過ぎていきます。

今年の3月に植えた苗は一番茶、二番茶ともに新芽が少しやられてしまい、散々でしたがなんとか冬を耐え抜いてほしいものです。
▼参照記事:新規の茶畑を開拓中ー新規茶畑までの道のり①ー
▼参照記事:新規の茶畑を開拓中ー新規茶畑までの道のり②ー
▼参照記事:新規の茶畑を開拓中ー新規茶畑までの道のり③ー
▼参照記事:新規の茶畑を開拓中ー新規茶畑までの道のり④ー
▼参照記事:新規の茶畑を開拓中ー新規茶畑までの道のり⑤ー
▼参照記事:新規の茶畑を開拓中ー新規茶畑までの道のり⑥ー
▼参照記事:新規の茶畑を開拓中ー新規茶畑までの道のり⑦ー

さて、今回は久しぶりに美術館に行ってきました。

展覧会が始まってからずっと行きたかったのですが、終わりかけになってようやく行くことが出来ました。

展示や美術館内部の写真は撮ることができませんので、写真少な目ですが展示会のレビュー等も含めてご紹介したいと思います。

日本庭園美術館とは

広い敷地の中に西洋庭園、日本庭園があり、様々な植物が植えられています。
八重咲ツバキ
時期的に山茶花や椿が多く咲いていました。

イチョウ
西洋庭園にあるこの大銀杏が素晴らしいです。

都内の一等地にある自然を楽しめる場所として多くの方が散歩をしていたり、ベンチに座って本を読んだりしていました。

どの季節に行っても花々が楽しめますね。
とても気持ちよかったです。

東京都庭園美術館の茶室「光華」(重要文化財)

光華
定期的に公開をしている重要文化財の茶室「光華」を見ることができました。

茶室からの外

茶室

床の間
抹茶もいただきたいくらいですが、呈茶は行っていませんでした。
別日に茶会が行われていたようです。

ぐるっと日本庭園を巡りましたが、庭木がとても美しく、遠目で見る茶室も素敵です。

いよいよ美術館へ

表面
「キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート」
キューガーデンというのはイギリスの王立植物園です。

1759年にオーガスタ王女が庭園を設立したところから始まっており、2万5000