筆者おススメの本④ー茶道教養講座14 日本茶の歴史ー

抹茶と干菓子

冷房をいれなくても快適に過ごせる日も出てきて、外出するとくしゃみが出るようになりましたので紛れもなく季節は秋。

通勤電車の中や自宅に帰って、本を読むことが多くなってきました。

本棚を片付けながら、これどんな本だったかな、これ細かいところ忘れちゃったな、という本を読んでいくようにしています。
とはいえ、筆者ものすごく本を読む速度が遅いです。。

こちらはかなり久しぶりに開いた本です。

今回の本は?



著書、橋本素子先生の出版時(平成28年7月)のプロフィール

梅花女子大学非常勤講師。
1965年生まれ。
奈良女子大学大学院文学研究科終了。
専門は中世日本史。主に喫茶文化史。
京都府茶業会議所学識経験理事。
共著書に「講座 日本茶の湯全史 第一巻中世(思文閣出版)」

長い日本茶の歴史をご自身の見解とともに分かりやすく解説されています。

歴史、特に中世あたりが非常に苦手な筆者からすると、思った以上に分かりやすくするすると読めました。
某資格を取る際もこの辺りは試験に出ないことを前提に覚えなかったという痛い記憶が…。

筆者おススメポイント

筆者のおススメポイントが結構あったのですが、2つに絞ってみたいと思います。

①喫茶文化の到来

日本の喫茶文化はやはり中国から入ってくるのですが、橋本先生はこの喫茶文化の到来を大きく分けて3回あったと書かれています。

1、煎茶法
2、点茶法
3、淹茶法

一度目は平安時代前期(800年代はじめ)、唐風の喫茶文化の「茶を煮出して飲む方法」が到来。
煎茶法 (せんちゃほう)
※煎じるの「煎」ですが、この時代の煎は煮出すの意

二度目は鎌倉時代初期(1100年代の末期)、宋から「抹茶(粉末茶)を湯に注ぐ飲み方」。
点茶法(てんちゃほう)

三度目は江戸時代前期(1600年代の後半)、明から「葉茶を湯に浸して飲む飲み方」
淹茶法(えんちゃほう)

これはただ単純に覚えやすい、と思いました。

資格を取る際に、長い歴史をはじめから順に追いながら覚えていたので、点と点がつながっていませんでした。

喫茶文化に限って見ると大きく3回の変革期があったことを頭に入れると、そこに絡めて茶文化を覚えていきやすいと感じます。

②宇治茶は日本一