兼業茶農家とは?実際兼業茶農家ってどういう感じで茶と関わっているの?

茶のいろいろ

筆者は非常に小さな茶畑で、茶業界全体から見たらお遊び程度の農家です。
(まぁ、そもそも兼業なのでお遊びみたいなものですが。汗)

「兼業茶農家です」

と言ってもよくわかっていただけないことが多いです。実は。

というのも、「兼業茶農家」というと「ほかの農作物」と「茶」の兼業だと思われるようだということに最近気づきました。笑

筆者の場合は「会社員」と「茶農家」の兼業です。
平日サラリーマン、土日農家

思えば、「茶農家」と言ってもお茶のことを知らない方から見ればなんだかわからないのではないかと思いまして、筆者のところを例に取り、少しまとめてみたいと思います。

「茶農家」、といってもピンからキリまで

「茶農家」というと、「茶の栽培して、管理して、製造して、販売する人たち」という印象を受け方は多いのではないでしょうか。(自園自製自販)

筆者は自身が栽培や製造に関わるようになるまで、もれなくそうでした。。

茶のイベント等でお見掛けする方たちは皆さんそうでしたし、直接お付き合いのある茶農家さんもそうだったからです。

ですが、茶の栽培から販売まで一貫して行う方は、おそらく絶対数としては少ないのではないかと思われます。

茶業経営形態は以下のように分類されています。

1、茶の栽培、製造から販売まで行う(自園自製自販)
2、茶の栽培、荒茶製造まで行い、販売(自園自製、自園自製兼買葉)
3、生葉を摘んで、販売(生葉売り)

というように茶農家の形態は別れています。(他にも様々な組み合わせは考えられますが大きく分類しています)

※自園自製⇒年間生葉処理量の80%以上を自給し、製茶した荒茶を販売する形態
※自園自製兼買葉⇒自園の生葉及び購入生葉を製茶し、荒茶を販売する形態。年間の生葉自給率が50%以上80%未満を「自園が主」、50%以下を「買葉が主」と言う
▼参考:「茶生産指導指針」静岡県経済農業協同組合連合会 平成20年版より

さらに、最近では茶農家をしながら茶の販売を行い、自製した茶を使用してカフェを経営したり、農家民宿を経営したりしている6次産業を行っている方も最近は多く見られるようになりました。

農家の茶畑を眺めつつお茶を飲めるというこちらも6次産業になるのでしょうか。

まだこちらの茶畑の中のティーテラスを体験したことはありませんが、最高でしょうね。間違いない。
※現在は新型コロナウイルスの影響で中止をしているようです。(2020/5/15現在)

筆者はどれにあてはまるの?実際何をしているの?

筆者の場合は、
3、生葉を摘んで、販売(生葉売り)
に近いです。
詳細を書いてしまうと身バレするので多くは書きません。色々と大人の事情が…ごにょごにょ

とはいえ、一部は少量紅茶や烏龍茶を作り、人に譲ったりしています。

趣味の域です。残念ながら。

実際何をしていたの?

読んで字のごとくなのですが、茶畑を管理して、新芽を刈り取り(摘採)、共同工場へ納品しています。

軽トラで軽量
摘ん