【新型コロナウイルス関連】西ベンガルとアッサムのロックダウンに関係した茶生産について

茶のニュース

  1. Home
  2. /
  3. 茶のニュース
  4. /
  5. 【新型コロナウイルス関連】西ベンガルとアッサムのロックダウンに関係した茶生産について

新型コロナウイルス関係はまとめずに内容だけ簡単にまとめていきたいと思います。
現状を早めにお届けできるように…。(とはいえ、更新できるか自信ないですが)

インドの西ベンガル州とアッサム州のロックダウンに伴った茶生産や売上等についての記事です。

▼関連記事:【2020/3/27現在】新型コロナウイルスによる2020年の茶の状況について
▼関連記事:「緑茶に含まれるカテキン類が新型コロナウイルスに効果的 」という文言はアウト!消費者庁の注意喚起。



簡単に内容まとめ

西ベンガルとアッサムは2020/3/22から3週間のロックダウンに入りました。

2020年初摘みの時期に茶園が閉鎖。
3/22以降は芽が伸び放題の状態になっていると考えられます。

4月中旬以降にロックダウンが解除され、茶園の整備が再開されたとしても茶園整備だけで3週間はかかるであろうとのこと。

葉が大きく成長し過ぎて5月中旬に始まるセカンドフラッシュに影響が発生するのでは?

それにより、インドの年間生産量の1/10が失われ、推定損失は1億5000万kgの茶。
西ベンガルとアッサムの収益損失は12%以上と見込まれています。

ちなみに、2019年はインド全体で14億㎏の生産があったそうです。

さらに、先日記事にも書きましたが2019/12/15~2/15まで新芽の摘み取りを規制していたため、茶園としては利益がなく、出費だけを重ねていたことになります。
▼参照記事:新茶の摘採開始日を決定!インド紅茶局での取り決め

ようやく新芽が出てきて、「いざ、製茶!」となったところで新型コロナウイルスの流行…。

たまったものではありません…。

中でも被害甚大なのはダージリン





最初の打撃は旅行の禁止のため、海外のバイヤー等がインドに来ることが出来なか