【新型コロナウイルス関連】インドの茶園労働者は新型コロナウイルスでますます厳しい状況に

茶のニュース
Mitturさんによる写真ACからの写真





丁度この記事を書いている時台風10号が九州地方を直撃し、被害状況が次第に明らかになってきているところです。

今年の九州地方は先日の大雨からさらに過去最大の台風上陸と散々な状態で、言葉が出ません…。

かなり離れている筆者のところも雨が激しく降ったりやんだりを繰り返しており、竜巻や突風に注意と注意喚起がされています。

毎年更新されていく「過去最大」「戦後最大」に耳が慣れ始めてしまっていて怖いことですね。

今回は少しネガティブな内容になるかと思いますが、インドの茶園労働者の現状について少しまとめてみたいと思います。

インドの茶園労働者の実情

日本の基準から考えると、インドやスリランカ等の茶畑で働く方々は賃金が安く、重労働だと言われています。(すべての茶園がそうとは限らないと思いますが)

時折ストライキが起こり、少しずつ改善がされている部分もあるかとは思いますがまだまだ世界的な労働水準から見ると厳しい状況であるというのが実際のところであるようです。

今回ご紹介する元記事はこちら

この記事の中には、平均的な茶園労働者の例が書かれています。

毎日16㎞歩いて24㎏の茶葉を運び、13時間働いて得られる1日の収入は150インドルピー(INR)。
これは2ドル(USD)に当たります。

そして、この過酷な労働をしている茶園労働者のうち87%が辛うじて月に4500ルピー(INR)を得られているそうです。
残りの13%はどうなっているのか…?

ざっくり計算で4500ルピーは6500円弱。
13時間の労働を行って、1日200円ちょっとしかもらえません…。

アメリカ、インド、日本の物価を鑑みていませんので細かいことは分かりかねますが、労働の対価として見合っていない給与であることはなんとなく理解できます。

また、一部の労働者は裸足で働いており、女性は出産後数日で仕事に戻ることを余儀なくされ、さらにきちんとした保育施設もないとか…。

かなり過酷な状況のようです…。

新型コロナウイルスの影響でさらに窮地に





副題の「Working means risk of illness; staying home means going hungry(働くことは病気のリスクを意味し、家にいるということは空腹を意味する)」という言葉が胸を貫きます。

日本も同じように職を失って、お金もなく家で過ごさざるを得ない人もいるようですしこの辛さはいかんともしがたいですね…。
おのれ、新型コロナウイルスめ…としか言えないのがまた辛い…。

ただでさえ低賃金、重労働の茶園労働者たちはそれでも命をかけて働きに出ざるを得なくなりました。

新型コロナウイルスから自分たちを守る術もないままに…。

3/25、インド全域で外出禁止令が出され、多くの茶園も操業を停止。

しかし、その後すぐにThe Indian Tea Association(インド茶協会)はインド政府に対して「規定された安全性と社会的距離のガイドラインを遵守しながら、茶園の通常業務の再開」を求めていました。

労働者たちは反発をしたものの、働く人達の健康より経済が重視され、4/10には