【新型コロナウイルス関連】進められている研究ー果たして「茶」は新型コロナウイルスに効果があるのかー

コロナちゃん 茶のニュース

この記事を書いているのが東京都の新規感染が130人を超えたところで、7月の今後の予定を組みなおすかどうか日々検討中です。。

昨日は九州地方での大雨による災害が起こり、お世話になっている農家さんたちの無事を願うばかりでした。

色々悩ましい日々が続いておりますが、少しだけ先に明かりが灯るニュースも時折入ってきています。

「茶」は果たして新型コロナウイルスに効果があるのか否か。

研究が始まったり、すでにある程度の研究がされているところもあるようです。

日本でもついに研究が開始?

少し前(2020/6/22)のニュースですが、2020/6/16に自由民主党内に「茶カテキン研究会」が発足したという記事がありました。

同研究会によれば、「茶カテキンは、免疫力を高める作用、抗ウイルス作用、酸化抑制作用、がんの発生・増殖を抑える作用、血中・肝臓のコレステロール値上昇を抑える作用、体の脂肪量を低下させる作用など、さまざまな作用があることが知られている」(記事本文引用)とし、合わせて茶生産が危機に瀕している面を憂慮し、茶カテキンが新型コロナウイルスへの有用性を研究しているとのこと。
▼参考:「茶カテキン研究会」発足 コロナ感染症への効果など検証

その少し後(2020/7/2)のニュースでは、6月の静岡県議会でも新型コロナウイルスへの抗ウイルス作用について研究を進めていることが明らかになったと伝えています。

「新型コロナウイルスに対しては、茶の研究実績が豊富な県立大教授ら専門家が参画し、県環境衛生科学研究所で5月から、培養細胞を使って感染抑制効果を確かめる研究に取り組んでいるという。」(記事本文引用)
▼参考:対コロナ 緑茶効能、研究に着手 静岡県、議会答弁

インドでも研究が進んでいる

研究中
acworksさんによる写真ACからの写真

こちらも数日前のニュースです。

インドのクスマ生物化学大学院( the Kusuma School of Biological Sciences (KSBS))の研究チームが51種類の薬用植物を新型コロナウイルスの3CLプロテアーゼ(3CLProprotease (3-chymotrypsin-like protease))でスクリーニングしたところ、茶とハリタキ(ヒンズー語でハラド)が潜在的な抗ウイルス活性を持つことが分かったそうです。
▼参考記事:Tea (Camellia sinensis) and Haritaki (Terminalia chebula) may act as potential therapeutic options against SARS-CoV-2 targeting 3CLpro protease: IIT Delhi study