【レビュー】茶の博物誌ー茶樹と喫茶についての考察ー

茶の博物誌 レビュー

前回「東京都庭園美術館の「キューガーデン 英国王室が愛した花々」の感想やらあれこれ」を書きましたが、この美術展に行きたかったのには遥か昔の記憶があったからです。

紅茶研究家の磯淵猛先生がご存命の時にうかがった本にそのルーツがあります。
▼参照記事:紅茶界の巨星墜つ-紅茶研究家 磯淵猛氏の訃報-

それが今回ご紹介する「茶の博物誌ー茶樹と喫茶についての考察ー」です。

レビュー下手で有名(?!)な筆者ですが、是非注意して読んでほしいところをご紹介していきたいと思います。