ご当地紅茶学会主催オンラインセミナー「和紅茶の会ー水無月 みなづきー」に参加して

和紅茶の本 レビュー


どうしてこんなに月日の経つのが早いのか。
気づいたら2021年も半分過ぎているじゃないですか。。

2020年から引き続き、2021年も合間を見てはオンラインセミナーに参加させていだいています。

すべてをこちらのブログで紹介はできませんが、主催者の方に許可をいただき書いても良いということでしたら勝手にご紹介させていただきたいと思っています。

今回は以前から興味があった「杵築紅茶」の飲み比べが体験できるということで喜び勇んで参加させていただいた内容を簡単にご紹介したいと思います。

今回の講師は「和紅茶専門店 紅葉〜くれは〜」の岡本氏。

和紅茶に興味のある方はご存じの方が多いかと思いますが、佐賀県にある「和紅茶専門店 紅葉〜くれは〜」の岡本啓さんです。

筆者の和紅茶のバイブルの著書でもあります。


見てみると2013年の第一版ですので、かなり前になりますね。

和紅茶専門店 紅葉〜くれは〜」さんでは厳選した和紅茶を生産者から直接仕入れて販売始めた先駆者と言っても過言ではないのではないでしょうか。

筆者自身も何度か和紅茶を購入させていただいています。

筆者自身がお茶カフェを始めた頃からずっと佐賀県の「和紅茶専門店 紅葉〜くれは〜」に遊びに行きたい!と言い続けたものの行く機会に恵まれず。。

現在の土地に越してきて茶畑をやるようになってからもなかなかタイミング合わず、岡本氏ご自身にお会いすることすら叶わずにいました。

オンラインとは言えど、今回岡本氏のお話が聞けて感無量でした。

岡本氏は現在ペアリングの本を書くために店をお休みして原稿に向かっているそうです。

今回の飲み比べは「杵築紅茶」

テイスティング杵築
本来はファーストフラッシュの飲み比べにしようかと考えていたそうですが、杵築紅茶が非常にクオリティが高かったので3品種飲み比べさせていただくことができました。

1,べにひかり
2,そうふう
3,みなみさやか

筆者は2.5gずつテイスティングカップ(150㏄)で「べにひかり」「そうふう」は3分、「みなみさやか」は2分で抽出しました。

以下筆者の主観です。

1,べにひかり
どこか埃っぽさ、少し重み、後口に仄かなメントール
→来年のお正月くらいまで寝かせた方が良い、何気なく飲むにはちょうど良い紅茶

2,そうふう
葡萄の香り強い、心地よい渋み
→アントラニル酸メチルが多く含まれるので葡萄の香り、ジャスミンの香りが高い

3,みなみさやか
梔子様の香り、フラワリー、優しい甘味、(淹れ方優しかったが)収斂味
→幼木で製茶すると香りが立ちやすい。萎凋や乾燥で失敗しやすい。火入れに弱い品種

「杵築紅茶」の名前は以前から聞いているのですが、実は初めてだったのですが一言で言えば「紅茶らしい紅茶」でした。

和紅茶で