【実験】抹茶とセラミックミルで挽いた碾茶を飲み比べてみる

実験

以前の記事で少しセラミックミルのことをご紹介しました。

それほど筆者の家でも登場シーンは少ないのですが、先日碾茶をいただくことができたので碾茶と抹茶を飲み比べてみようと思いまして引っ張り出しました。
▼参照記事:Cuzen Matchaが大注目!自宅で手軽に抹茶が飲める時代到来!抹茶の革新

今日は簡単な実験ブログです。

碾茶とは?


碾茶は「てんちゃ」と読みます。
写真の右になります。
青のりのような形状です。(香りも海苔っぽい)

碾茶は玉露と同じように被覆して育てた新芽から作られます。

玉露は煎茶と同じように「揉む」という工程がありますが、碾茶は揉みません。

蒸す➡攪拌・冷却➡乾燥➡分離、再乾燥

細かい部分は省きますが、簡単に言うとこういう工程です。

攪拌・冷却のところで、「散茶機」という機械でそれぞれの葉を空中に飛ばしながら冷やすのが緑茶作りの中で非常に独特な工程かと思います。

碾茶をセラミックミルで挽く



以前のブログでもご紹介していますが筆者が持っているのはこちらになります。

時々煎茶を細かくして料理に使用したり、抹茶がない時に抹茶蜜を作る際などにも利用しています。
▼参照記事:かき氷には抹茶蜜!作り方は簡単なので是非お試しを!
▼参照記事:抹茶蜜の簡単アレンジ方法についてご紹介!美味しい再利用!


セラミックミルの蓋を開けて、碾茶を入れます。
今回は1.5g(セラミックミル内に少量付くことを見越して1.7g)


あとはひたすら取っ手をぐるぐる回します。


左が元々の抹茶。
右が今セラミックミルで挽いた碾茶。

明らかに色が違いますね。



それぞれを点ててみる

【作り方】